ふるさと納税って何なん?その概要を解説!住民税がお得になります。

お金の話
スポンサーリンク

昨日は久しぶりに、外食に行ってきました。

今、病院から『4人以上での会食は控えるように』

とお達しがあるので、3人での食事です。

もちろん自分を含めて、3人。

最寄駅近くの親子丼屋へ行ってきたのですが、

しっかり感染対策が徹底されていました。

来店時の手指消毒に店員さんのマスクにフェイスシールド。

カウンターに横並びだったのですが、隣のお客さんとの間にはアクリル板が設置されていました。

そして、レジには天井から伸びたビニールのカーテン、

トレーを使ったお釣りの受け渡し。

なんだか、すごい時代になりましたね。

一医療者・外食が好きとして、終息することを祈ります。

さてさて、本題へ。

【医者もあいまい?ふるさと納税】

先日、医者とふらっとお金の話をすることがありました。
その会話の中で、「ふるさと納税って、お得 でやった方がいいって言われるんだけど、やってないんだよね。」と言っていました。

その医者は、ただただめんどくさいみたいです。

でも、他の先輩には「ふるさと納税自体分からない」といっている方もいたので、説明していきます。

〜目次〜

  • ふるさと納税って?
  • どのようにお得になるの?

【ふるさと納税って?】

さて、ふるさと納税とは何者でしょうか?ふるさと…僕の場合、奈良へ納税するの?

いいえ。間違いではないですが…

それでは説明していきましょう。

ふるさと納税とは、自分で好きな都道府県や市町村へ寄付を行う。そして、寄付金の一部を支払わなければいけない所得税・住民税から控除してくれる。ことです。


「寄付するの?」「何か貰ってるのを、ニュースで見た事あるけど、あれは何?」
それでは解説。

近年、ふるさと納税が注目を集めているのは、『返礼品』にあります。

ふるさと納税では、応援したい市町村へ寄付する事で、『返礼品』といって、各都道府県や市町村から、地域の特産物をいただくことができます。ちなみに僕は先月、返礼品が届きました。豚肉とホタテ


料理するときに小分けで使っています。1kgのホタテで冷凍庫が埋め尽くされた時は衝撃でした。笑


さてさて、内容を説明すると、寄附金−自己負担額(2000円)が、その年の所得税・来年の住民税から控除されます。

皆さん、耳にしたことはありませんか?
「ふるさと納税で節税してるんだよね。」


実際のところ

ふるさと納税は節税ではありません。
ふるさと納税はその年に支払う予定の所得税・来年支払う住民税から控除と説明しました。
そうなんです。支払う金額はもう決定しています。
今年支払う予定であった税金の一部を、寄付した地域へ支払い先を変更しているだけなんです。
「じゃあ、意味なくない?」
いいえ。そのための『返礼品』になります。
2000円の自己負担額以上の『返礼品』を受け取ることができれば、お得になります。

いかがでしょうか?今日は大まかな概要だけ説明しました。
”税金恐怖症”の方も
(いや、何その病気。笑)(→税金看護師のゆきが看護しますよ。笑)
「ちょっとやってみようかな。」と思ったのではないでしょうか?
「お得な事ばかり言っているけど、大丈夫?」
確かに、注意する部分はあります。
確定申告が面倒くさいや、控除額にも上限あるので注意は必要です。
そのために今後説明いければと思います。


〜まとめ〜

  • ふるさと納税とは、自分で好きな都道府県や市町村へ寄付を行う。そして、寄付金の一部を支払わなければいけない所得税・住民税から控除される
  • 内容を説明すると、寄附金−自己負担額(2000円)が、その年の所得税・来年の住民税から控除される。

次回の記事では実際に申請する過程も説明します。

それでは、終礼です。ここまで読んでいただきありがとうございました。
お身体に気を付けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました