#2 転職体験談

医療職転職
スポンサーリンク

ようこそ!Nurse Magazineへ。

こんにちは、ナスマガのYUKIです。

今日も少し更新しようかと思います。

転職に大事な心構えについて綴っていこうかと思います。

#2転職体験談

事前の準備は周到にしておけ!

この記事を見てくれている方の多くは看護師さん、ないし医療従事者の方が大半だと思います。
それ以外の方が見てくださっているのであれば、本当にありがとうございます。
でもImpellaとか医療の話ばっかりで退屈だとは思いますが…

看護師の皆さんへ質問です。

いままで、就職活動で挫折した経験はありますか?

・・・ないですよね?(偏見)

僕も正直ありませんでした。

新社会人の際は、付属の大学病院の面接はまぁあってないようなもの。
同時期に他の救命センターも受けましたが、内定をいただきました。

看護師って受け皿がたくさんある分、内定を見送られるという経験はほとんどないんです。

今回、転職を決意した一年ほど前の僕も

「まぁ受かるやろ」精神で履歴書を記入し、応募し一時の書類審査は通過します。

この時点での私も「当然かな」くらいに思っていたのですが…

面接になると、正直対策をほとんどしておらず…

希望動機や転職のキッカケは話すことができるのだけれど、

「あなたの転職の軸は?」
「なぜ、他の企業でなく弊社に応募されたのですか?」
「業界に関する意見をお聞かせください」
「逆に質問はありますか?」
「今までの成功体験は?また失敗は?そして、その失敗をどのようにして克服してきましたか?」
…etc

これらの波状攻撃により、僕は見事に言葉に詰まり落ちました。

ただ単に僕がアホなだけかもしれませんが、確実に転職活動を舐めていました。大学四年時の僕に言いたい。総合大学の学生って何十社ってエントリーシート書いて、提出するんやな。って言っていたこいつに。

そら、こんなけ難しいんやから苦戦するやろ。

転職活動には事前の準備が大切だと認識しました…

事前準備の専門家は転職サイト

職場でわからないことがあれば、皆さんは誰に聞きますか?
職場の先輩や、わかる人に聞きますよね。

病院で患者さんのわからない治療は誰に聞きますか?
ドクターですよね、はたまた先輩看護師ですよね。

これらに共通することって、そのわからない事の専門家に聞くって事

転職に関して、わからない事があれば転職サイトの方に聞いたらいいんです。

自分で学んで、正解に辿り着く事も日々の中では非常に大事なことだと思いますが、当時の僕や今転職を考えている方には勉強に割いている時間はありません。

実務の出勤もしないといけない中での転職活動において、情報収取や面接のサポーターをしてくれるのは非常にありがたいです。

これは、是非活用してほしいと思っています。

関西人の僕が好きなのは、これが全て登録しておくだけで無料で活用できるって事。

僕の転職活動を成功させた中で、お金を支払った事は一度もありません。
なんなら、全てパソコンを使って企業の面接をオンラインで受けたし、転職サイトとのやりとりや面接練習も自宅のパソコンでやったので、交通費もかかってません。

この移動の時間がいかに無駄か思い知らされます。

転職活動の初手は転職サイトを登録し情報収集する事

まず、内定したからいってそこがブラック企業で自分の働き方にあってなかったら、本末転倒です。
いかにして希望に沿った職場を見つける事ができるのかが最優先課題です。

最後にオススメの転職サイトを載せているので、よければ見てみてください。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

こちらにおすすめの転職サイト載せた過去記事があるので、見てみてください。

タイトルとURLをコピーしました