TAVI(タビ)の基本について。ASを救え!!

ICU知識
スポンサーリンク

ようこそ!Nurse Magazineへ。

こんにちは、ナスマガのYUKIです。

また、自粛が延長されたのでほぼ職場と家の往復になりますね。

なかなか遊びにもいけない、他になんかスキルの勉強でもしたいなと思う。

TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)

TAVIとは?

TAVIとは大動脈弁狭窄(AS)に対して行う、カテーテルを用いた大動脈弁置換術のことです。

TAVIを実施するには特別な部屋が必要です。

それがハイブリッド室(カテーテル造営装置と清潔度の高い手術室を併せ持つ部屋)です。

また他にも人員の基準があります。心臓血管外科専門医が複数いる、循環器内科、心臓血管外科、麻酔科医、放射線科医、臨床工学技師(CE)、看護師を含めたハートチームが存在するなどの厳しい条件が必要です。

適応患者

TAVIの適応ですが

  • 症状の強いASのある超高齢者
  • 肺機能障害
  • 脳血管障害
  • ステロイドを使用している易感染患者
  • 開心術によるAVRが困難患者

上記の患者について適応になります。

※透析患者に関しては、まだ適応ではありません。

使用する弁
「TAVI 人工弁」の画像検索結果

日本ではこの2社が弁を生産しています。

術前検査

TAVIを実施するに辺り、一番大事なことは弁のサイズを適切に選択することです。

サイズが適切でないとどのような弊害があるでしょうか?

大きいと挿入時に弁輪がさけてしまい、出血リスクがあります。

小さいと弁周囲逆流(PVL)が生じ、予後が悪くなります。ARになっている状態ですね。

また、大動脈弁の直上にあるバルサルバ洞には2つの冠動脈の入り口が存在します。位置を適切な場所に置かないと、冠動脈閉塞のリスクもあります。

手技の実際
「TAVI 人工弁」の画像検索結果

では、実際のTAVIはどのような手技で大動脈弁を交換するのでしょうか?

アプローチの方法は2種類あります。

TF(経大腿アプローチ)とTA(経心尖アプローチ)です。

心臓を直接貫くとなると難易度は高くなってしまうので、術者のスキルが問われますね。

僕たちICUで待つ看護師にとっても、アプローチ部からの出血による心タンポナーデには注意です。


さらっと、TAVIについての概要でした。

今後はASの管理についても記事にしていきたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それにしても、昨日の地震こわかった…

関連記事について↓

タイトルとURLをコピーしました